色の名前《IL NOME DEL COLORE》

【ピアチェーレ カラー スタジオ】大阪 淀屋橋 パーソナルカラー・骨格スタイル分析スタジオ のつれづれ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

赤・緑・青+黄=1兆色

ワタシが色彩学の講座の中で 呪文のように連呼する言葉の一つが光の三原色の「RGB(アールジービー 赤・緑・青)」です。

色の三原色と言えば「赤・青・黄」と習ったかもしれませんが それは絵の具などのハナシ。
光の場合はRGBが三原色になります。(黄色は含まれません。)

今皆さんがご覧になっているパソコンや携帯の画面やテレビ昭和の14インチテレビは 小さな小さなRGBの光の点で構成されています。



今日見ていたニュースによると 従来のテレビの1000倍の1兆色を再現できる液晶テレビ(シャープの新LED AQUOS)がアメリカで発表されました。
光の三原色(RGB)に加え黄色が使われていて1兆色になるんだとか…

アメリカでは3月に発売され、日本での発売は年内で検討中だそうです。
(発売されると吉永さゆりさんが 黄色のお着物でCMされるんでしょうか?)


近い将来
「光の三原色はRGBですよ。 家に帰ったらテレビの画面を虫眼鏡で見てみてね虫眼鏡 三色の点が並んでるから。」
なんて言えなくなるかもしれません汗


それにしても1兆とは気の遠くなる数字です。(1の後にゼロが12個
人間の目が識別できる色数はせいぜい1000万色

単純に色数だけでは比較できないけれど 今のテレビとホントに違うん?早く見比べてみたいなぁ。
黄色が入るということは今まで 赤と緑の混色で作られていた黄やゴールドが綺麗に見えるんだろうなぁ。
と思いつつニュースに見入っていました。

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。