色の名前《IL NOME DEL COLORE》

【ピアチェーレ カラー スタジオ】大阪 淀屋橋 パーソナルカラー・骨格スタイル分析スタジオ のつれづれ

ベージュ

昔に比べ、家庭で洗濯できるものは増えたとはいえ、やっぱりクリーニング屋さんのお世話になることはありますね。

近所のクリーニング屋さんで前々から、「」なことがあるんです。
綿麻のオフホワイトのストレートのパンツを持ってくと、
毎度「ベージュ・パンツ」と伝票を打たれる


白なんですけど~


元々ちょっとオフ系だし、薄汚れてるし、古いし…どうせ、どうせ…
でも、白なんですけどぉ

なんとなく、汚いと言われてる気がして、被害妄想に陥るワタシ。


この度はちょこっとだけ、ほんのちょこっとだけベージュがかった薄いピンクのストールを持参。
「ベージュ・スカーフ」


ピンクなんですけどぉ


再び被害妄想に
「そら、春に使って、夏の間忘れてたよ。寒くなった今頃発掘されたから、半年熟成の汚れやけど…

まぁ、アチラの管理の為の色名ですから、やいやい言う必要なんてないのですが…
しかし人によってここまで、呼び名が変わるとは改めて驚かされますね。

皆さん、人に色を伝える時、色名だけに頼ってませんか?
お互いの思いこみで、とんだトラブルに発展する可能性も…
お気をつけあれ。

このページのトップへ