色の名前《IL NOME DEL COLORE》

【ピアチェーレ カラー スタジオ】大阪 淀屋橋 パーソナルカラー・骨格スタイル分析スタジオ のつれづれ

rosso と bianco

先日祖父の33回忌の法要があり、久々に親戚一同が会しました。


やっぱりこういうときの主役は小さな子供たちですね。
子供のナゾな発言は真理をついていたり 無邪気で笑えたり。

今回出席のちびちゃんは いとこの子 「ともくん」(小1・男の子) 姪っ子「あやちゃん」
まだ8ヶ月の雪のように白い「ゆきちゃん」


はしゃぎまわる ちびちゃんを横目に いとこと喋っていると 私の仕事のハナシになり
そこにやってきたのは 男前なのにおとぼけキャラの「ともくん」

ともくん「色の名前英語で言えるで!」

ワタシ「へぇ、すごいやん!教えて!!」

ともくん「red yellow blue black purple…」(延々つづく)

ワタシ「すごいなぁ。発音もええし。 賢いなぁ。 パパとママはイタリア語喋れるんやろ?
     ともくんはイタリア語の色の名前は何か知らんの?」


ともくん「そんなん知らん!」

ワタシ「じゃぁ、ちょっとだけ教えてあげる。 rosso と bianco くらい覚えといたらいいかも…」

ともくん「ワインのハナシは知らんわ」 ぷいっ

一同唖然…

やっぱり賢い子です  末は博士か大臣か

しかし 子供は地獄耳なんですねぇ…聞いていないようでちゃんと聞いている。
で、ちゃんと覚えている。 ヘタなこと言えませんね(笑)

このページのトップへ