色の名前《IL NOME DEL COLORE》

【ピアチェーレ カラー スタジオ】大阪 淀屋橋 パーソナルカラー・骨格スタイル分析スタジオ のつれづれ

上方と江戸の食の色~白と黒~

もう日付は変わってしまいましたが、今日(7月25日)は天神さん(天神祭り)でしたね。
昼過ぎに電車に乗ると 浴衣を着た女の子や家族連れを たくさん目にしました。

天神さんに付き物の食べ物と言えば 今が旬のハモ
ちゃんと昨日頂きましたよ!

昨日は江戸っ子の知人が来阪し、食事を一緒にした中で
「やっぱり東京の蕎麦屋で飲むお酒は最高ですね!」なんて通ぶって(笑)話すと
さすがグルメな 江戸っ子 美味しいハナシをたくさんしてくれました。

私は東京出張や遊びに行った折 時間が有れば、蕎麦屋で一杯飲むことにしています。
ダシ巻きやカモ、そばがき、そば味噌なんかをアテにして ちびりちびりと
日本酒

締めは当然お蕎麦 アナゴのセイロも捨てがたい…
至福の時間です(さらに 日が高いとその効果も倍増

「大阪にはそういう店なかなかないんですよ そもそも蕎麦よりもうどんの文化ですから」と
嘆いていると
「天子様がいらっしゃったからでしょう」とのご発言

「????」と反応に困っていると
明治までは京都に天子様(天皇陛下)がいらっしゃったから 関西では黒い食べ物を嫌う風習が有ったとか

そういえばおしょうゆだって、関西は色の薄い淡口を使いますよね。
うどんだしの色だって 断然東京の方が黒い
黒いそばよりも 白いうどんが好まれたのはそういう経緯ではないかというのです

天神さんに付き物の 白いハモだって あまり関西以外では口にされない食材ではないでしょうか??

ソバの産地が北海道を始めとして 東北勢が占めており、
逆にハモの水揚げは九州や四国が多いというのが大きな理由でしょうが、
どちらも 単なる食材というよりは (食)文化として根付いているのも
こういった理由からかもしれませんね。

みなさんは 他に上方(関西)の白い食べ物 江戸の黒い食べ物 ご存知ないですか?

このページのトップへ