色の名前《IL NOME DEL COLORE》

【ピアチェーレ カラー スタジオ】大阪 淀屋橋 パーソナルカラー・骨格スタイル分析スタジオ のつれづれ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

天女の羽衣

☆○○oo。..:*゜*:お知らせ!*:..。oo○○☆

4月29日 手作り散歩マーケットでワークショップに参加致します

ただ今参加者募集中です!ぜひ遊びにきてくださいませ!

【グルーデコ®でつくるスワロフスキーのロンデルチャーム】

詳細はコチラからご覧いただけます⇒

☆○o。..:*゜*:お知らせ!おわり*:..。o○☆


こんにちは!
淀屋橋・カラーコーディネート、グルーデコ®のピアチェーレ カラースタジオです。

先日、奈良国立博物館へ行くときに初めて写真のストールをまといました

DSC03288_1.jpg


とても美しく、気に入ってるにもかかわらず、
使いにくい気がして、半年もタンスの肥やしにしていたもの
それがこの日は出がけになって、なんとなく手にとったのです


このストールは、染色家の吉岡幸雄さんの工房で染められた草木染め

吉岡さんといえば、染色の世界では恐らく誰もが知っている、日本古来の草木染めを現代に甦らせた素晴らしい方です
正倉院宝物などの復元にも取り組んでおられます


そんな方の作品を半年前にやっと手にすることができました
天女の羽衣のように薄い絹は裏と表で藍のブルーと茜と刈安のオレンジ色に染め分けられておりその色たちの重なり具合や、光の調子で、えも言われぬ美しい色を紡ぎだすのです
コレ、上のと同じストールなんですよ!信じられないでしょう?

DSC03290_1.jpg

たくさんの中から選ばせていただきましたが、どれもまるで、手で触れることのできない夢のような、まるで幻のような色合いでした
見たことはないけれど、オーロラとか彩雲ってきっとこんな感じ!
ことばでも写真でも表現しきれないのが、もどかしい!


ちょっとテンションが上がって前置きが長くなってしまいました(笑)


で、奈良国立博物館で最後の展示室で、こちらをチラッと見る男性が…

そう!吉岡幸雄さんです!!!

思わず、ストールをフリフリしながら(笑)駆け寄ってご挨拶させていただきました


先生とお会いするのは2度目

初めての時は先生の展覧会の誰もいない展示室でした

かなり長い間お話させていただき、奈良や平安の人々の色に対する
畏敬の念や色のパワーを
作品を前に肌で感じたのを今でもはっきり覚えています


なぜ、あの朝ストールを手に取ったのか?不思議なことってあるものですね

大切なストールがよりいっそう大切なものに思える体験でした



このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。