色の名前《IL NOME DEL COLORE》

【ピアチェーレ カラー スタジオ】大阪 淀屋橋 パーソナルカラー・骨格スタイル分析スタジオ のつれづれ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

奈良へ遠足♪【平安古経展】

こんにちは!
淀屋橋・カラーコーディネート、グルーデコ®のピアチェーレ カラースタジオです。


ご招待をいただき、奈良国立博物館で開催されている平安古経展の開幕前日のプレオープンに行ってきました




正直、書はあまり分からないし、興味もない
とりあえず、少し遅いけれどお花見がてら古都に出かけよう!そんな感じで訪れました



しかし、予想を裏切る面白さ!
閉館までかじりついて拝見いたしました

やはり興味を持ったのは文字そのものよりも、その色づかい

紺紙とか紫紙と呼ばれる染色された紙に、金泥や銀泥でしたためられたお経の文字の美しさはなんともいえないものでした
金は1000年近くの時を経ても、まるでジュエリーのような輝きを放っています


DSC03245_1.jpg


色彩学的に言うと、紺や紫と金(黄~だいだい)はおよそ反対色にあたり、互いに最も引き立てあう色彩です
息を飲むような緊張感とそれを超えたところにある安堵感を併せ持つ調和

その調和感は時代を超えたもの
奈良や平安の人々が仏に捧げるのに相応しいと思うくらい美しいハーモニーは
我々の目にもため息のでる美しさでした

素敵な展覧会があちらこちらで開催中ですが、マニアックな方にはこちらもオススメです(笑)

そして、ゆっくり見たおかげで、素敵な出会いがありました

その話はまたいずれ…

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。