色の名前《IL NOME DEL COLORE》

【ピアチェーレ カラー スタジオ】大阪 淀屋橋 パーソナルカラー・骨格スタイル分析スタジオ のつれづれ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

大塚国際美術館に行ってきました

ずっと行きたかった徳島の大塚国際美術館に行ってきました。
なんと我が家から2時間余り。意外に近い!

まず驚いたのは美術館の大きさ!そして、1000点以上という作品の多さ。

こちらの美術館の作品は全て陶板のレプリカ。
レプリカとはいえ、実物大なので本物の様な迫力が味わえます。

そして、色褪せない陶板を使っているため自由な展示が可能です。
モネが遺言で太陽光の元で展示して欲しいと言ったあの睡蓮は、
まさに太陽の下にありました。(後ろに見えるのは高速道路です!)
そして、彼の遺言通り睡蓮を展示する部屋(屋外ですが…)には他の絵はなく、
観覧者との間を遮るガラスや柵もありません。



陶板なら退色を避けるため薄暗い部屋で展示されるパステル画も明るい所で展示できますし、
写真を撮るのも、触れるのも大丈夫!

なんて素敵なアイデアなんでしょう!

たまたま先日、「死ぬ前にもう一度だけ見たい絵を一枚挙げるなら?」という話をしていて、
私が挙げたルーベンスの絵にも再会してきました。

この絵が見たいがために、ベルギーのアントワープを訪れ、絵の前で感動のあまり号泣したあの絵

今回は大興奮で、写真撮るの忘れてしまったのですが(笑)

そして、これを見ずには死ねない!と思っているピカソのゲルニカにも出会えました!




よく、芸術は分からないとおっしゃる方がいらっしゃいますが、分かる必要があるでしょうか?
確かに分かると見えてくることもたくさんありますが、
好き!嫌い!面白い!すごい!
それでいいと私は思っています。

やっぱりゲルニカはスゴイ!

この美術館の素晴らしいところをもう1つ挙げるならば、展示の順番。
紀元前から現代までの作品が、ほぼ年代順に展示さていて美術の歴史を体系的に知ることができます。

この展示方法なら、美術史の流れが自然と見えてきて
なぜこの絵が生まれてきたのかが分かります。
美術史の勉強には最高です!

最後に再会して嬉しかった絵を何点かご紹介しておきましょう。
ホンモノを見たときと同じ感動が押し寄せてきましたよ。

ぜひぜひ皆さまも一度訪れて見てください。
全て本物を見ようと思うと、多分時間もお金も足りない人がほとんどだと思います。

ワタシは、また何度でも訪れるつもりです。
本当に贅沢で素敵な場所ですから。









このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。