色の名前《IL NOME DEL COLORE》

【ピアチェーレ カラー スタジオ】大阪 淀屋橋 パーソナルカラー・骨格スタイル分析スタジオ のつれづれ

夏も近づく八十八夜

仕事関係のことをつづっていこうと始めたブログですが 忘れた頃に
ポツリポツリとアップするのは歳時記ばかり…
「日常」というカテゴリーを「歳時記」に変えました

さて、5月2日は何の日でしょう?
タイトルにあるように八十八夜です
立春から数えて八十八日目にあたるこの日は「茶摘み」の歌で良く知られていますね

ということで 行ってまいりました「茶摘み!」
我が家から歩いて30分強の万博公園では 毎年八十八夜に茶摘みが体験できます

万博の茶畑

しかしなんだか様子がおかしい…
天候不良の為 茶葉の生育が良くない
一面新緑に覆われているはずの茶畑が グレイなのです
ということで お一人様500円の体験料が1グループ300円となりました

茶葉は先端の一芯二葉を摘んでいきます

一芯二葉

「一芯二葉」は聞きなれないかもしれませんが
紅茶のペコやオレンジペコは皆さん良くご存知ですよね
どちらも茶の新芽である先端の数枚の茶葉の事を指しています

ペコという言葉は白い産毛がついた茶の新芽を意味する 中国語「白毫(はくごう)」から
来た言葉なんだそうです

いずれにしても 一枝からひとつしか取れない貴重な茶葉 傷つけないよう丁寧に
摘んでいきます
制限時間は3時間半!配られたビニール袋いっぱいにすべく 必死に新芽を探します

途中ちょっと休憩がてら茶摘娘の変身体験

絣の着物に 赤いたすきと前掛け 手には水色の手甲 手ぬぐいを姉さんかぶりにして
竹製の籠と共にまた茶畑へ…
子供がすると可愛いですが いい年をした大人がすると悪目立ちします

制限時間めいっぱいかけて摘んだ茶葉は一人で200グラム
今年は絶対数も少ない上に茶葉が小さく 期待した程の収穫は得られませんでした
一芯二葉-1

帰ったら 次は製茶です!

           …つづく

このページのトップへ