色の名前《IL NOME DEL COLORE》

【ピアチェーレ カラー スタジオ】大阪 淀屋橋 パーソナルカラー・骨格スタイル分析スタジオ のつれづれ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

ブルーシートはなぜ青い?

東京で桜の開花が宣言されたようです。

ちょっと気の早い人たちが、ブルーシートを広げ宴会を楽しむ姿がテレビで流れていました。
それを見て、ふと…

ブルーシートってなんで青いのん??と素朴な疑問がふつふつと。

はい!調べてみました。

主な理由は三つ!
空や海の色に近い青は景色にとけ込みやすい

シートを着色する顔料の中でも、青色顔料は他に比べると3割ほど安かった

ブルーの爽やかさが好まれた

ナルホドな理由でした。

しかし、実際は様々な色が使われています。面白いものをピックアップしてみましょう。

・奈良の遺跡の発掘現場の茶色シート
景観を損ねない為に使われているらしいのですが、証拠写真は見つからず。情報お待ちしています!

・山形のさくらんぼ農家の銀色シート
地面に敷くことで、太陽光を反射し、日の当たりにくいさくらんぼの下の部分も赤く色づきやすくなる。たくさんのさくらんぼ農園さんのサイトで紹介されています。

・自衛隊が野営をする時に使う迷彩柄シート
一般のマニア向けにたくさん売られていますよ。

そしてそして!
お花見用のピンクシート
花より団子の方々には超お勧め!ご馳走のある下ばかり見ていても桜色が楽しめる(笑)

という冗談はさておいて、
色の様々な機能がこんなところでも活用されていることを改めて感じ、
色の重要性をみなさんにも知っていただきたいなと思った次第でした。

お花見用ピンクシート、気になる方は、こちらからどうぞ!



私としてはお花見にはこちらの落ち着いたピンクの方が好きだな…

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。