色の名前《IL NOME DEL COLORE》

【ピアチェーレ カラー スタジオ】大阪 淀屋橋 パーソナルカラー・骨格スタイル分析スタジオ のつれづれ

金継ぎ完成間近!

大きな欠けのある鉢お預かりしてからどれくらい経ったでしょうか?

親指一本分くらいの欠けは、漆にタルクと炭酸カルシウムを
混ぜ込んで作った刻苧(こくそ)と呼ばれるパテで元の形に再生しました。

パテを練る作業はまさに力仕事!そして、それを原形に近い形に成型し、
ヤスリで研いでピッタリ元の形にしてゆくのは、根気のいる細かい作業です。

ヤスリは紙やすりを使ったり、傷の付きやすいものは、【トクサ】という植物を乾燥させた
昔ながらの天然のヤスリを使います。


2月末に最後の銀を蒔く作業にやっとたどり着きました。

普段は金粉や銀粉、プラチナの粉を使いますが、
初めて箔を使ってみました。
なかなか面白い風合いが出そうです。





アルミホイルみたいに見えますが、正真正銘純銀箔ですから!


まだ片面だけなので、次は内側に銀箔を施して完成。

漆が定着するのに3ヶ月ほどかかるので、使えるのは夏になるかも。

休んでしまうことも多いですが、一年半ほど月1のお教室で取り組んでいるので、
先生もお仲間も完成を楽しみにしてくれています。

次のお稽古が待ち遠しい!
完成まで、もう少しお待ち下さいませ。

このページのトップへ