色の名前《IL NOME DEL COLORE》

【ピアチェーレ カラー スタジオ】大阪 淀屋橋 パーソナルカラー・骨格スタイル分析スタジオ のつれづれ

いずれがアヤメかカキツバタ?

今日は子供の日。毎年ショウブ湯に入る子供たちをニュースで見かけますが、
ショウブ湯のショウブと花ショウブって別物だったのですね…。

うちに咲いてるのの葉っぱを入れればいいのかな?と思っていたのですが、お風呂に入れるのはアヤメ科の植物ではなくサトイモ科の植物のようです。

しかもうちに咲いているのは花ショウブでもなかったことが判明!

ayame


花ショウブのショウブは菖蒲と書きます。
そして同じ字でアヤメとも読むんですよね。
そして優劣つけがたく、見分けが付かない優れたものの例え
【いずれがアヤメかカキツバタ】

菖蒲(ショウブ)と花菖蒲(ショウブ)と菖蒲(アヤメ)と杜若(カキツバタ)

(w_-; ウゥ・・分かんない
調べてみました!

ショウブはサトイモ科で全然違う花(ガマみたいな花)が咲きます。
ややこしい3つは…
花弁の根元を見ると花ショウブは黄色、カキツバタは白、アヤメは網目状の模様があるので、それで見分けるらしいです。

ということでうちのはアヤメでした!


色彩の授業の中で黄と紫の補色の組み合わせを「パンジー」や「アヤメ」
に見られるような…と言っていた私。
ウソついてました(笑)アヤメではなく花ショウブですね。
これからはどちらも使いません!
ハナシが長くなりそうですから(笑)

代わりにということで、
ふと「なすびの花」を思い出しましたが、マニアックですかね?(笑)


このページのトップへ