色の名前《IL NOME DEL COLORE》

【ピアチェーレ カラー スタジオ】大阪 淀屋橋 パーソナルカラー・骨格スタイル分析スタジオ のつれづれ

金魚の色覚

先日コチラでもアップした「アートアクアリウム展 大阪・金魚の艶」でのこと…

金魚の入れられた水槽はLED照明で色がかなり変化するので、慣れるまでは少し目が疲れます
でも、本当に美しい演出で時間を忘れる程でした。

ぼーっと眺めていると、隣に居た大学生くらいのカップルの会話が耳に入りました。

「こんなに色が変わったら、金魚もストレス溜まるだろうね」
「え?金魚は色見えないし大丈夫じゃない?」

さて、金魚は色が見えないのでしょうか???


結論に行くより前に、まず我々人間が色を感じる仕組みを紐解いてみましょう。

色(光)を感じる細胞には2種類あり、杆体と呼ばれる明るさを感じる細胞と
錐体と呼ばれる色みを感じる細胞です。

錐体は、反応する光の波長によってさらに分類され、我々人間の場合は三種類。
主に赤を感じるもの、緑を感じるもの、そして青を感じるもの
その三つの反応の違いによって色みのちがいを感知しています。
いわゆる3色型色覚ですね。

さて、ほかの動物はどうでしょうか?

人間に最も近いと考えられるおサルさんは錐体を2種類しか持たない、2色型色覚。
その他の多くの哺乳類も2色型です。いわゆる色盲のような状態で色をよく区別できません。


では、魚は?金魚は?

種類にもよるそうですが、なんと4色型色覚もしくは3色型色覚を持つと言われています。
そういえばルアー(擬似餌)も派手でカラフルなものが沢山ありますよね。
我々よりも、彩り豊かな世界を感じていると言えるかもしれません。

ただし、視力は悪いようなので、あまり見えていないのが実際のところでしょう。
しかし、あの光の変化は相当なストレスのはず。

アートアクアリウム展は来週月曜(21日)までの開催です。

終わってしまうのは寂しいけれど、金魚さんたちがあのストレスから開放されると思うと
ひと安心でしょうか???


このページのトップへ