色の名前《IL NOME DEL COLORE》

【ピアチェーレ カラー スタジオ】大阪 淀屋橋 パーソナルカラー・骨格スタイル分析スタジオ のつれづれ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

文具フェア

マイドーム大阪で開催されていた、大阪文具工業連盟主催の文具メッセに行って参りました
おなじみの文具メーカーなどが新製品やイチオシの商品を紹介するブースがたくさん!

小売店さんやメーカーさんに混じって、たくさんの一般客が来られていました。
テレビカメラも数台。

一般客が多いのは、サンプルが無料でいただけるから。
私もこんなに頂いてきました

present

行列の出来ているブースはたいていプレゼント付きの所です。

そして、もうひとつ人の輪の出来ているところの特徴は
「色展開が美しいところ」
カラフルな学習ノートや、可愛いパッケージに入ったクリップ

notebooks


色があふれているところには、ついつい人は引き寄せられるようです。


色は付加価値です。
別にファイルに色が付いていなくても、ラベルに内容を書いておけば、書類の整理は出来ます。
消しゴムだって消えれば、用を成すわけで…

じゃあ、どうして色々な色の商品が並んでいたのでしょうか???

まず1つは、楽しいから
カラフルなものは人の心を豊かにしてくれます。特に女子のテンションは
でも、色を使うときに気をつけないといけないのは、色の洪水が起こって作業性が落ちること。
仕事をするとき、むやみに色を使いすぎると気が散ってしまいますよね。

では、どうすればいいかというと…
もう1つの色の効果
色に【意味】をもたせて分類をするというテクニックです。

お仕事のファイルで【緊急】の仕事は赤にするとか
学生さんなら科目ごとに色分けをする…などなど色々考えつきそうですね。
(私は小学生の時からそうしていました

せっかくカラフルなものに恵まれているのですから、楽しくお仕事&勉強&生活できるよう
色を活用してみませんか?

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。