色の名前《IL NOME DEL COLORE》

【ピアチェーレ カラー スタジオ】大阪 淀屋橋 パーソナルカラー・骨格スタイル分析スタジオ のつれづれ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

金継ぎ~リピテーション~

「もの作り」や「工芸」が大好きです。
とにかく何でもやってみたいタチ(笑)

金継ぎも始めて3年半になります。

馴染みのない方も多いと思いますが、金継ぎとは割れた器を修復する技術。

割れた部分は本漆を接着剤として、欠けた部分は本漆に骨材と言われる粉を練り込んだパテを用いて
元の形通り直してゆきます。

そして、最後に接着した部分や埋めた部分に金や銀などを蒔き、美しく再生させる。
そんな技法です。

主に価値の高い骨董などに施す物ですが、さすがに3年半も続けるとネタ切れ。

お友だちの家で発見した真っ二つに割れたお皿を奪ってきました。

接着した部分の装飾に、金を使う?銀やホワイトゴールド?
カラーコーディネートが重要です。

悩んだ末の完成品がコチラ
kintsugi1
(クリックすると拡大します)

色彩構成やデザインの技法として知られるリピテーション(※)を応用してみました。

ゴールドのラインだけだと、いかにも「継ぎました!」とそこだけが目立つので、
同じゴールドを桜の花にも施してリピートしています。
そうすることで、一体感が生まれました。

桜の花びらはゴールドだけだと、平面的になるので、中心部分にかけてホワイトゴールドの
グラデーション(ぼかし)を施しています。

kintsugi2
(クリックすると拡大します)

カラーの知識は使ってこそ、意味のあるもの。
日常のちょっとしたところでも活用してみてくださいね。

金継ぎのご用命も承っております。割れた器、欠けて破片をなくした器も綺麗に修理して
また使えるようになりますよ
(場合により、数ヶ月かかることもありますが、お待ちいただける方は左のお問い合わせ欄よりどうぞ)


※本来のリピテーションは、あるデザインや配色を全く同じ形で何度も繰り返すものです。
繰り返すことにより、調和しにくかったデザインや配色もなじみが生まれます。

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
Re: タイトルなし

あれは我ながらなかなかの出来だったので、手放すのが惜しかったわ(笑)
またお気軽にどうぞ!
写真のアップも楽しみにしています。

ピアチェーレカラースタジオ主宰 ながたみえ | URL | 2013-01-14(Mon)14:06 [編集]

金継ぎの修復、ありがとうございました。
もったいなくてまだ使ってません。
あ、和菓子を盛るのに使いました。
グレードアップしちゃって
普通には使えない。
春になったら、
オシャレに盛り付けて写真をアップしたいと思います。

いくまともこ | URL | 2012-11-29(Thu)11:43 [編集]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。