色の名前《IL NOME DEL COLORE》

【ピアチェーレ カラー スタジオ】大阪 淀屋橋 パーソナルカラー・骨格スタイル分析スタジオ のつれづれ

浴衣コーディネート

今年は早い梅雨明けでしたね。
というか蒸し暑いだけで、連日晴れだった気が…

祇園祭も始まっていますし、もう浴衣本番!
浴衣売場をリサーチしてきました

ここ数年来の傾向でしょうか?夏着物と見紛うような素材感のものがたくさん!

生地も、紅梅や綿絽と呼ばれる部分的に透け感のある、涼しげなものが多く出ています。

柄は振袖でも定番化しつつある、薔薇やユリ等の洋花やレース柄をよく見かけました。
帯は半幅や、兵児帯(へこおび)を楽しくアレンジ
帯締めと帯留めをアクセサリーがわりに
本当に楽しい着こなしが提案されています

色は赤やピンクもありましたが、やっぱり人気はブルー系や紺系統だそうです

浴衣を着る夕方以降の薄明かりでは、赤やオレンジの暖色系より、藍やブルーのような寒色系の方が、ハッキリ綺麗に見えるんですよ(発見者の名からプルキニエ現象と言われます)

涼しく見えてこそ、良さが出る浴衣
沢山の小物が楽しくて、アレもコレもと欲張ってしまうのが、女子の習性ですが
ちょっと控えめにして、涼しげに演出しましょう

ワタクシの今年のコーディネート
かなーーーーーーーーーーーり地味です

ことしのコーディネート
絞りの浴衣に博多献上の八寸帯、
帯揚げは絞り模様のある絽(白ではなく淡いグリーンです)、
帯締めは乳白色に深緑と孔雀色の三分紐


帯周りのコーディネート

気に入る帯留めがなかったので、ガラスの箸置きをリメイク



叔母や母、呉服屋さんなど周りのover70軍団やからは「地味やねぇ…私でも着られる
とのお声を頂きましたが、江戸前の粋を目指したいワタクシでした
バッグやかんざしで色を足すことにしましょう

お祭り以外でも、朝からでもガンガン着る予定!
勿論、朝から着るときは襦袢と麻の足袋を着て夏着物風に。

ピアチェーレ・カラー・スタジオでは
似合う浴衣のアドバイスや浴衣のコーディネートもお受けしています。
ページ左のお問い合わせ欄よりご依頼ください。

派手派手コーディネートも可愛いコーディネートも出来ますのでご心配なく(笑)

このページのトップへ