色の名前《IL NOME DEL COLORE》

【ピアチェーレ カラー スタジオ】大阪 淀屋橋 パーソナルカラー・骨格スタイル分析スタジオ のつれづれ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

京都国立博物館の鳥獣戯画展内覧会

ひと足お先に【鳥獣戯画】を拝見してきました。



昔から大好きで幾度となく目にしてきた絵ですが、やはり本物からはいつもと違うものが伝わってきます。作者のためらいのない筆使いは素晴らしいの一言です。

カエルやウサギ、人々の声が聞こえるような賑やかで楽しい光景が描かれた絵巻物は、まさに「墨に五彩あり」
本当に豊かな色彩を見せてくれました。
これが肉筆の素晴らしさでしょう。修復のご苦労も垣間見え、かなりの見応えです。
仕事の都合で小一時間しか居れなかったのですが、人も少なく並ばずにゆったりと見られたのはなによりも贅沢!



一般公開は明日から11月24日まで京都国立博物館にて。
前期後期の展示替えもあるそうですので、もう一度時間をかけて観に行こうと思います。

スポンサーサイト

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。