色の名前《IL NOME DEL COLORE》

【ピアチェーレ カラー スタジオ】大阪 淀屋橋 パーソナルカラー・骨格スタイル分析スタジオ のつれづれ

吉岡幸雄「日本の色 千年の彩展」

7月アタマから開催されていた、「日本の色 千年の彩展」に終了間近の滑り込みセーフで行って来ました!


nihon_no_ironihon_no_iro2




吉岡幸雄さんとは染色史家で、京都で200年以上続く染屋の御当主で、
日本古来の草木染の復興と伝承に尽力されています。

何が展示されていたかというと
法隆寺伝来の聖徳太子にも縁の深い、国宝「四騎獅子狩文錦(しきししかりもんきん)」や
同じく法隆寺で使われた伎楽(大仏開眼の時にも上演された日本の伝統演劇)の装束の復元
源氏物語の中に描かれている重ねの色目の再現などなど

展示数自体は多くはありませんでしたが、見ごたえたっぷりでした。
匂い立つ様な染めの美しさに、言葉を失い必死に拝見しました。

何より嬉しかったのが、以前から大ファンだった吉岡先生にお目にかかれたこと。
持参した先生の著書にサインを頂き、少しお話をさせていただきました。

先生にお伺いしたハナシや見てきたことで驚いたこと、感動したことが沢山ありました。

まだ興奮冷めやらぬ感じですので、日を改めて綴って行きたいと思います。

もう少し早くお知らせすればよかったですね…8月28日にて終了です。

このページのトップへ