色の名前《IL NOME DEL COLORE》

【ピアチェーレ カラー スタジオ】大阪 淀屋橋 パーソナルカラー・骨格スタイル分析スタジオ のつれづれ

手作り散歩マーケットまであと一週間!

こんにちは!
淀屋橋・カラーコーディネート、グルーデコ®のピアチェーレ カラースタジオです。

4月29日(水・祝)の【手作り散歩マーケット】の開催までちょうど一週間!
どんなイベントか少しご紹介をさせていただきたいと思います

会場は谷町四丁目の駅からすぐの「昭和レトロな癒しの貸しスペース【エンクル】」さん

今年は「ワクワクをかたちに」がテーマだそうな

1階では作家さんの作品販売⇒

買いたいものいっぱーい


2階でワークショップ⇒

ピアチェーレカラースタジオの出展はコチラでご紹介くださっています⇒
お隣のCHOPPY(チョッピー)さんのワクワクスイーツアレンジも気になる!⇒


同じく2階で材料フリマ⇒

てづくり作家さんや企業さんも材料を提供してくださるので掘り出し物ありそう!
絶対いいものゲットしよう

そして、
エンクルさんのお隣のぶらうんびーんさんという珈琲店で食ブース⇒

お昼はアレだなウシシシ

絶対ワクワクできますよねー

ワークショップはまだ空きがありますので、ぜひ事前にご予約下さいませ
空きがあれば当日でもご参加いただけますが、
枠が少ないので参加できなかったり、かなりお待ちいただくことになるかもしれません

なんでも例年100名以上がご来場になって
人がいっぱい過ぎて見られないから 今年は入場制限をする可能性もあるかもなんですって!

予約がですね


all.jpg


ワークショップ詳細はコチラ⇒ワークショップ詳細
詳細ページにご予約・お問い合わせフォームを設置しています

ロンデルの可愛いアレンジ方法やグルーデコについて知りたい方はコチラからご覧ください

ロンデルってどうやって使うの?

で、グルーデコってなに?

みんなで4月29日は楽しみましょうね



このページのトップへ

奈良へ遠足♪【平安古経展】

こんにちは!
淀屋橋・カラーコーディネート、グルーデコ®のピアチェーレ カラースタジオです。


ご招待をいただき、奈良国立博物館で開催されている平安古経展の開幕前日のプレオープンに行ってきました




正直、書はあまり分からないし、興味もない
とりあえず、少し遅いけれどお花見がてら古都に出かけよう!そんな感じで訪れました



しかし、予想を裏切る面白さ!
閉館までかじりついて拝見いたしました

やはり興味を持ったのは文字そのものよりも、その色づかい

紺紙とか紫紙と呼ばれる染色された紙に、金泥や銀泥でしたためられたお経の文字の美しさはなんともいえないものでした
金は1000年近くの時を経ても、まるでジュエリーのような輝きを放っています


DSC03245_1.jpg


色彩学的に言うと、紺や紫と金(黄~だいだい)はおよそ反対色にあたり、互いに最も引き立てあう色彩です
息を飲むような緊張感とそれを超えたところにある安堵感を併せ持つ調和

その調和感は時代を超えたもの
奈良や平安の人々が仏に捧げるのに相応しいと思うくらい美しいハーモニーは
我々の目にもため息のでる美しさでした

素敵な展覧会があちらこちらで開催中ですが、マニアックな方にはこちらもオススメです(笑)

そして、ゆっくり見たおかげで、素敵な出会いがありました

その話はまたいずれ…

このページのトップへ

わん 椀 ONE展

京都にはよく行っているのですが、初めて京都五条坂、茶わん坂にお邪魔しました。

DSC02587_1.jpg

ただ今【わん椀ONE展】というイベントが開催されています。

DSC02592_1.jpg

国宝級の器から、アンティーク、学生さんの作品、若い陶芸家さんの作品など様々拝見してきました。

食器なんてどんなものでも食べ物が入れば食事はできますが、やはりとても大切なもの。
大切に作られたものには、魂が宿り、オーラがあります。

DSC02586_1.jpg

DSC02590_1.jpg

【飾っておくだけの食器はいらない】
私のポリシーです。
安くても、共感できる器。高級でも何かお料理を盛りたくなる器。
そんな器が欲しいですね。

オープニングパーティーや店頭でお話させていただいた、陶芸家さんや陶器屋さんたちの
熱い思いもしっかり受け取りました。

11日まで開催されています。京都に行かれたらぜひ寄ってみて下さいね。

このページのトップへ

京都国立博物館の鳥獣戯画展内覧会

ひと足お先に【鳥獣戯画】を拝見してきました。



昔から大好きで幾度となく目にしてきた絵ですが、やはり本物からはいつもと違うものが伝わってきます。作者のためらいのない筆使いは素晴らしいの一言です。

カエルやウサギ、人々の声が聞こえるような賑やかで楽しい光景が描かれた絵巻物は、まさに「墨に五彩あり」
本当に豊かな色彩を見せてくれました。
これが肉筆の素晴らしさでしょう。修復のご苦労も垣間見え、かなりの見応えです。
仕事の都合で小一時間しか居れなかったのですが、人も少なく並ばずにゆったりと見られたのはなによりも贅沢!



一般公開は明日から11月24日まで京都国立博物館にて。
前期後期の展示替えもあるそうですので、もう一度時間をかけて観に行こうと思います。

このページのトップへ

源氏物語の色

京都高島屋で開催されていた、イタリア家具のカッシーナと染色で有名な吉岡幸雄さんのコラボ展示会を見てきました。

まずは素晴らしい写真をご覧ください!



撮影禁止の掲示がありましたが、閉店間際ということもあり、特別に許可を頂いて撮影できました。

写真を見ているだけでもため息ものですが、実物はもっと素晴らしいものでした。
いくつかの染料を使い染め上げられた絹織物は見る角度や、襞の寄り具合、重なり具合で、驚くほど多様な色を見せてくれます。
一見すると茶なのに、角度を変えると、紫に見えたり、緑に見えたり…。

テーマは源氏物語の色。
登場人物の身分や年齢、場面に応じて、源氏物語の中で書かれている色を再現しています。

やっぱり色は素晴らしい!

色々、お買い物もしてきました。それはまた後ほど

このページのトップへ